ホーム > 坐禅を知る >  坐禅をしてみませんか

坐禅をしてみませんか

Slide 1 Slide 2 Slide 3
坐禅ということ。~坐禅の基本は身・息・心を整えること~
  • 調身

    姿勢を調えると・・・

    坐禅はまず、姿勢を調えることから始めます。足を組み、背筋を伸ばして姿勢を正すことで、深く安定した呼吸ができるようになります。

  • 調息

    呼吸を調えると・・・

    意識的な腹式呼吸をすることで、思考力や判断力、集中力を司る「前頭前野」や、心のバランスを保つ働きをする「セロトニン神経」が活性化されます。前頭前野やセロトニン神経を働かせることで、集中力や思考力、判断力の向上や、感情や衝動の抑制による精神の安定にもつながり、うつ病など、心の問題の予防・改善を図ることができます。

  • 調心

    心を調えると・・・

    姿勢を正し、呼吸を調えて意識を集中することで、雑念がうすらぎ、心が安らぎます。そして自分の心を観察し、コントロールできるようになることで、悩みごとにとらわれることが少なくなり、現代人が抱えるストレスの軽減にも役立ちます。

坐禅をはじめて体験して(長国寺での坐禅体験をした宮澤理恵さん)

今回が初めての坐禅体験で、お寺へ出かけるのも久しぶりでしたが、あたたかく丁寧に指導していただき、すうっとその場になじめた気がします。坐禅堂に入るまでは作法を習うことばかりに気をとられていましたが、「お伝えする通りに、一つひとつを丁寧に行うだけで大丈夫です」とご老師。姿勢と呼吸を整えていくうちに、心が落ち着いていくのを実感できました。張りつめていた神経がほぐれていくような、とても清々しい感覚です。「柔軟な心、こだわらない素直な心が大切」という、ご老師の言葉が特に印象的でした。一日一日を大切に過ごしていきたいと、気持ちを新たにしています。


曹洞宗 北信越管区教化センター

〒381-0043 長野県長野市吉田3-12-3 永祥寺内
TEL 026-244-7901/FAX 026-244-7877